スポンサーリンク

「私のスキー人生1ページ」を紹介します。

私のスキー人生において最も影響を受けた人物と言っても過言ではない恩師に偶然再会できました。
【ジャン・ピエール・シャテラード】
かの有名なスキーの神様、ステンマルクのコーチでもあり、私が中学2年生の時にオーストラリアに留学した時に、元フランス代表のStefan Exectier選手と2人の専属コーチをして下さった方です。

ここ、コロラドのカッパーマウンテンヴィレッジ内のPubの入り口に入った時、目の前にいたのがシャテラード。
お互い、「オ〜!」と言いながら気がついたら抱き合っていました。
抱き合っていた時間は覚えていないくらいでしたが、自然と涙が出てきてお互い「会いたかった〜」というフレーズでしばらく時間が過ぎていきました。

私の中でこのような感覚は初めてで、言葉で言い表すには程遠い出来事でした。

彼の奥さん「Brigit」はアメリカ人で、まさしく絵に書いたようなアクティブで魅力的なアメリカ女性でした。
しかし数年前若くして他界し、私もその報告を聞いた時は残念で残念で彼女にもう一度会いたかったと、今でも後悔をしています。

彼、彼女の息子ショーンはまだ1,2歳の時会った事がありましたが、なんとその場に居てビックリ! 現在彼は有名なアルペンスキーヤー「Bode Miller」の出身校、「Carrabassett Valley」のCVAというスキーアカデミーのアルペンコーチをしているという。

彼に聞いたら、おやじ「ジャン・ピエール」のようになりたいと言っていました。
それを聞いた時、感動という言葉が適しているかどうかという程、心が打たれました。

息子ショーンにも言いましたが、今思うと、シャテラードは人生のマスターで、「スキーのテクニックそのものより」、スキーを通じて人生そのものに必要な要素を教えて下さった偉大な方だったと私は感謝しております。

それくらいスキーライフその物を人生に例え、俯瞰的に見ていた方で、またそれを伝授していってくれた方でした。

このブログを見て頂いている方、そしていつもファンとしてバックアップして頂いている方々へ、私のスキー人生の1ページを報告させて頂きました。

キレイ事で大げさな話しかもしれませんが、どうか、次なる世代の子供たちにも、このような1ページを創りあげられるような事が、私もやってみたいと思いました。
もちろん彼ほどのものは無理に決まっていますが・・・。

文章力無い私が、想いが先行して、さらけ出して書いてしまいました。 率直な気持ちを文面にすると恥ずかしいものですね。 失礼しました。

IMG_0036

Here is a collection of places you can buy bitcoin online right now.

スポンサーリンク



スポンサーリンク